良き指導者としての信念を携えて

 看護の仕事をどのように教えていいのか分からないと悩んでいる看護師がいると思うのです。自分がいつも仕事でやっていることを伝えるだけなのに、言葉と動作を融合した教え方が、これほどまでに難しいものなのかと戸惑うことが往々にしてあるのではないでしょうか。誰にでも伝わるような教え方を意識しているはずなのに、自分が思い描いている教え方ができていないことに落ち込んでいる看護師がいるのではないかと思い、看護師としての至らなさを痛感してしまうことは珍しいことではないと思うのです。それでも後輩に精一杯の指導をしていこうとする看護師が少なくないでしょうし、後輩に立派な看護師になってもらいたいという一途な気持ちから、その後輩が誰もが認める素晴らしい看護をしている姿を想像していることだろうと考えられるのです。
 「人にものを教えることは、自分の知識を整理整頓しているみたいだ」と思っている看護師がいることでしょう。まるで後輩のおかげで看護師技術が錆つかずに済むという安心感が得られるからなのでしょう。看護の仕事を後輩に教える際に、要点に的を絞った説明をしていくことで、後輩が何に気をつけながら仕事をしていけばいいのかを意識するようになると思うのです。人によって教え方が異なるため、教わる立場の後輩が一つのことを覚えようとしているときに、いろんな人からの指導を受けることで、わけが分からなくなってしまうことはよくあることだと考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>