新人看護職員研修とは

常に勉強が求められる看護師という職業につく新人看護師に対する教育である「新人看護職員研修」が平成22年4月から努力義務となりました。
これは、厳しい医療の現場で働く看護師の技術の向上を図ることによって看護の質を向上させること、そして医療の安全を確保することを目的とするとともに、新人看護職員の早期離職を防止することを目的としています。

看護師資格を取得し、就職した新人看護師にとって、病院での実際の勤務は厳しいものです。
技術的に未熟な新人看護師が自信をもって日々の業務に当たれるよう、新人看護師の基本的な臨床実践能力を高めるために、厚生労働省が規模の大小に関わらず新人看護職員を迎えるすべての医療機関に対して新人看護職員研修を行う体制を整備するようガイドラインを示しました。

新人看護職員研修を行うにあたっては、人の命に関わる職業であること、また患者の命や人格、人権を尊重することを大切にすること、そして看護にあたるための技術や知識は生涯にわたって研鑽されるべきものであり、この新人看護職員研修は看護実践の基礎を学び身につけるためのとても大切なものとして位置づけられています。
新人看護職員の周りにいるスタッフはもちろん、医療機関の全職員が新人看護職員を育てるという意識が必要であり、新人看護職員をサポートする中でスタッフ全体が成長することも期待されているのです。
新人看護職員研修の内容はそれぞれの医療機関で決定することができますが、およそ1年かけて看護の基礎を修得することを目標としている研修です。

こうした研修が必要だということでガイドラインまで設置されるようになった背景には、やはり深刻な看護師不足があります。
看護師は女性の多い職場であり、かつ仕事の内容も特殊かつ時にはとてもストレスフルなものです。
さらに夜勤と日勤の交替勤務や休日が一般的な仕事の人とは合わないことから、結婚や出産を機に職を離れる看護師も少なくありません。

看護師の離職を食い止めるためには看護師という仕事により魅力を感じ、誇りをもって取り組むこと、そして家族の理解と協力を得ることがとても重要です。
とくに新人看護師にとっては昼夜逆転するような夜勤の仕事と日勤の繰り返しで生活リズムも整わないなか、看護学校等で学んできたこととのギャップやリアリティーショックに悩む人も多いでしょう。
職場の中で新人看護師を一人悩ませることなく、適切な指導とケアをしていくことが看護師の離職を減らすためにはとても重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>